お客さんが常に満員のあの店が教える、店舗の内装デザインの秘訣とは?

HOME » 店舗内装デザイン » お客さんが常に満員のあの店が教える、店舗の内装デザインの秘訣とは?

お客さんが常に満員のあの店が教える、店舗の内装デザインの秘訣とは?

・内装デザインの秘訣について
店舗内装デザインをうまく作る秘訣があればぜひ知りたいですよね。
これはお客さんが常に満員という人気店を参考にするという方法があります。
成功しているお店も実践している店舗内装デザインの秘訣についてご紹介しましょう。

・コンセプトを明確にしよう
その秘訣とは何かというと、コンセプトを明確にするというものです。
そこから逆算してふさわしい内装を決めていきます。
これは世界各地に店舗を持っている超大手の飲食チェーンなども実践している、まさに秘訣といえるポイントになるでしょう。
どんな内装にするといいかはそのコンセプト次第というわけです。

・コンセプトに合った内装を
コンセプトと内装の例をいくつかご紹介しましょう。
たとえば一時のくつろぎを提供するというコンセプトでカフェを作るなら、内装は落ち着いたものという方向性になるでしょう。
天井や壁紙、床などはリラックス効果のある落ち着いた色合で統一するという方法のほか、木材を使うというナチュラルな内装作りもおすすめです。
客席同士の間隔は広めにとって余裕を持たせ、お客さんがゆったりとくつろげるような空間作りを意識します。
イスやソファは座り心地のいいものを採用したいですね。
これが忙しい方に素早く食事を提供する都会の飲食店というコンセプトなら、必要な内装はガラッと変わります。
高級感や癒しといったテイストはあまり必要なく、シンプルで入りやすいお店の方が好まれがちです。
元からお客さんが長くくつろぐことを想定しないなら、客席同士の間隔は少し近くても問題はなくなります。
それよりも客席を増やしてなるべく多くのお客さんが早く入れるようにした方がコンセプトに合っているお店作りになります。
その代わり早く接客や料理を出せるよう、キッチンや従業員用の導線はしっかり確保しておくといいでしょう。

・コンセプトから逆算しよう
ご紹介した例のように、そのお店にふさわしい内装はコンセプトによって大きく変わってきますから、まずはコンセプトをしっかり決めることです。
何も決まらない段階ではどんな内装でもOKということになり、選択肢が多すぎて決められないこともよくありますが、コンセプトが決まれば自然に絞り込めていきます。
お店のコンセプトに合った内装にできると狙い通りのお店作りができ、自分の夢が叶うことにもなるでしょう。
このようにまずコンセプトを決め、そこから逆算するという方法は人気店もやっている秘訣となる方法ですから、ぜひ参考にしてみてください。