lifework

「STONER」ジョン・ウィリアムズ

命は彩豊かなガラス玉のごとく、永劫の白い光の輝きを染め、
やがて、死がそれを粉々に踏みしだく。

「若冲」澤田 瞳子

「人の心いうのは、誰であれどっか薄汚れて欠けのあるもんどす。むしろ時に人を恨み、憎み、殺したろうと思いもするからこそ、その他の行いがえろう綺麗に見えるんやあらしまへんやろか。」
-
枯葉が一枚、その裾にまとわりつくように舞い落ち、下駄にふみしだかれてくしゃりと崩れた。

 

「二十億光年の孤独」谷川 俊太郎

演奏

そのピアノから藁が匂う
そのピアノがタイプライタアになる

そのピアノには河が流れ
そのピアノは噴火する

そのピアノは白い大きなホオルにある
そして大きなホオルはそのピアノの中にある

そのピアノに人が生まれる
そのピアノに人が死ぬ

そのピアノは空を飛び
そのピアノから星雲が構成される

そしてそのピアノは最後に静かな遺言をのこした

僕は二千人の仲間と共に拍手をし
その拍手の精気を紙に記した

 

A Musical Performance

The piano gives off the odor of straw.
The piano becomes a typewriter.

A river runs through the piano.
The piano erupts.

The piano is in a large white halland the hall is in the piano.
The piano flies in the skyand a nebula is composed out of the piano.

And
in dying the piano left a quiet will.

I applauded along with 2,000 othersand recorded on paper the vigor of that applause.

 

 

『美しいもの』赤木 明登

「心地よいものを作り続けていたら、毎日使うためのものが沢山生まれてきた。」

 

トップに戻る