lifework

Out of focus

Stories and poetry

薄庭

『グレープフルーツ・ジュース』 / オノ・ヨーコ

この本を燃やしなさい。
読み終えたら。

 

 

「オリンピックとデザインの政治学」森山明子/若山滋

短歌では「やど」が使われるのに対して、俳句では「家」が使われるのです。......つまり、その居住空間において、俳句は短歌に対立しているのです。

 

 

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」最果タヒ

愛は僕には清潔すぎる。
流れていく雨が、河川をつくるなら、
ぼくの嫌悪感はただしく、ぼくの歴史を作っていくだろう。
「青い春は透明な秋にならなくちゃ許せない。
それ以外の色はありえない。」
買ってしまったジュースが甘くても最後まで飲むような、
そんな大人になったならきっと絶望は手に入らない。
死んでしまうものでなければ、終わるものでなければ、
美しいわけがないんだ。
ぼくの愛したものすべてのものはかならず、
ぼくを捨てるべきだった。

 

ヘッドフォンの詩

 

 

トップに戻る